「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (488) 「恵庭OL殺人事件再検証(3)~燃焼実験 その2」 8/10/2015  

#検察なう (488) 「恵庭OL殺人事件再検証(3)~燃焼実験 その2」 8/10/2015

前回ブログでは、この事件の真実を探るための非常に大きな鍵である遺体の焼損状況と、弁護側が行った燃焼実験について述べました。

ここをクリック→ #検察なう (487) 「恵庭OL事件再検証 (2) ~燃焼実験」

ブログを読んでくれた熱流体工学の専門家である石田博樹氏(注)からメッセージを頂き、弁護側証拠として提出された彼の意見書を目にする機会がありました。

ここをクリック→ 石田再意見書(2015年4月27日)

その意見書は、私が一般的な感覚で感じたことが、科学的に立証されることを示すものでした。そして私が驚いたことは、再審請求に提出されたこの意見書を読みながら、裁判官はその科学的事実を無視して、人一人を冤罪に陥れたという事実です。こうなると、日本の刑事司法は、科学的事実を無視して天動説を是としたガリレオ・ガリレイの異端審問と何ら変わらないとさえ感じてしまいます。

検察の主張に基づき裁判官が認定したことは、「脂肪の独立燃焼」(10Lの灯油散布による焼損でも、遺体の脂肪が燃え続けるため、遺体の内臓が炭化するまで燃焼し続け、約9kg=15%の重量減をもたらすほどの焼損が可能)でした。

以下の質問にあなたはどのように答えるでしょうか。

「肉の脂身2.3kg(「23kg」ではありません、その1/10の「2.3kg」です)と灯油29リットル(一斗缶1個半)を燃焼させた場合、どちらの方が発生する熱量は多いでしょうか」

それらを同じとするのが大越美奈子さんを有罪とする判決です。

また、10Lの灯油を一度に散布した場合、相当量が地面にこぼれることが想定されますが、検察もそれを認識していたことが意見書から伺えます。そして「弁護団の実験によれば衣服を着せたマネキンに灯油10リットルをかけた場合、実際に着衣に灯油が滲み込む量は4リットル程度であり、他の6リットルは地面に落ちて滲み込んだ」とされます。雪で覆われた地面に落ちた灯油が引火しないことは、前回のブログで述べた通りです。10Lでも無理なことは、4Lならなおさらというものです。

また私が重要視している遺体焼損現場付近の地面の露出状況に関しても、石田氏の意見書では明快に解説がされています。

「雪に覆われた地面に置かれた遺体に燃料をかけて焼損するという状況下において、周囲に特定方向への強い風が吹いている場合でなければ、通常、火炎はその周囲に誘起される対流(上昇気流)により遺体の上方に伸びる。そのため、火炎からの熱により遺体周囲の雪が融解したことによる地面の露出部分は、遺体の直下、ないしはごく周辺に限られる。」

「遺体の手前部分(道路側)では燃焼物がないにもかかわらず黒い地面が広く露出しているという事実は、焼損中に遺体が動かされたことや、燃料が灯油ではなくガソリンないしジェット燃料であったことを示唆している。」

無実の証拠をこれでもかと提出しながら一顧だにされない日本の刑事裁判の実態が放置されているのは、看過している我々の責任かもしれません。まず知ることからだと思います。

(注)
ここをクリック→ 石田博樹氏(長岡工業高等専門学校名誉教授)

8/10/2015














ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 恵庭OL殺人事件

2015/08/10 Mon. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/896-71c1cae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top