「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

#検察なう (513) 「埼玉愛犬家連続殺人事件(2)~山崎永幸氏供述の経緯」 11/5/2015 

#検察なう (513) 「埼玉愛犬家連続殺人事件(2)~山崎永幸氏供述の経緯」 11/5/2015

埼玉愛犬家連続殺人事件では、殺害の様態を裏付ける物証がほとんどないため、関係者、しかもそれは共犯者である山崎永幸氏の供述のみに基づき事件が組み立てられています。

共謀共同正犯とされ死刑判決を受けた2人以外の第三の共犯者である山崎氏が勾留され、供述をするまでの経緯をドキュメンタリータッチで記します。(以下敬称略)。

マスコミ報道によって、稲川会系高田組組長代行遠藤安亘殺害の犯人として関根元を疑った高田組は、その共犯者として山崎に対する圧力を強めていた。捜査当局も、周辺捜査から山崎の妻の詐欺事件を見出し、1994年9月以降、事件の最も弱い環として山崎にターゲットをしぼっていた。

同10月17日、山崎に対する任意の事情聴取が行なわれた。翌日、山崎は妻と共に逃走。これを機に捜査当局は、山崎に対する圧力をかけることを最大の目標として彼の妻の逮捕令状を取得し、指名手配を行なうこととなった。

逃走も一ヵ月もすると金も尽きてきた。山崎はその年の2月に交通事故に遭ったが、その際に急誂えで入れていた仮歯もぐらぐらする。病院に電話すると新しい歯ができているという。警察に見つかったら、その時はその時と、山崎は妻と二人で東京に戻った。11月24日、山崎が向かったのは、板橋の帝京大学附属病院。彼は張込みの刑事を見て逃走したが、彼の妻はその場で逮捕された。

山崎の妻の詐欺事件とは、勤務先の建設会社から5千万円を横領したというものだったが、そもそも痴話喧嘩のもつれに端を発する事件であり、被害者の処罰感情も低いものだった。妻の詐欺事件の立件の主目標が山崎に対する圧力とゆさぶりであることは明らかだった。山崎は高田組に加えて、捜査当局の重大な圧力を受けることとなった。

その結果、山崎は、11月20日に担当刑事との接触を図り、事態の打解を図ることとなり、その後の取調べに応ずることを承諾することとなった。ここでの山崎の目的は、無論自らが殺人事件に関与していないとの主張を捜査当局が受け入れるか否かのさぐりであった。

そのような目的を持った山崎がその後、取調べにおいて簡単に事件についての関与を認めるわけはなかったが、「お前が目的ではない。関根の逮捕が目的なんだ」という担当刑事の言葉から、捜査当局は自分の描いたストーリーに沿って捜査を行うとの見通しを持った山崎は、遂に12月8日から、既に考えつくした筈であるストーリーを語り始めるに至った。

山崎は事件についての供述を始めるに至ったが、常に彼の妻の処分が念頭にあった筈であり、捜査当局もこれを利用して取調べを行なっていたものであった。山崎としては、自らの逮捕が当然予想されたことから、逮捕勾留以後の接見及び差し入れの担当者として彼の妻が必要だったからである。

山崎の逮捕前の取調べ過程の異常性を示す事件は、彼の妻の保釈手続きにまつわる一巡の経過である。彼の妻が逮捕・起訴されて以降三回保釈請求がなされたが、いずれも証拠隠滅の恐れがあるために不相当との検事の意見が出され、保釈は実現しなかった。

山崎は、地検熊谷支部で、岩橋義明検事の取調べを受ける。「裁判でひっくり返されたら困る、しっかり話してくれ」と岩橋検事は低姿勢だ。「自分は刑務所に行くのか」、と山崎は聞いた。「死体遺棄での逮捕、勾留はあるかもしれないが、起訴猶予か不起訴処分にする、最悪でも執行猶予を付ける」岩橋検事はそう明言した。更に山崎は、妻の保釈を頼み、岩橋検事は、「年内は無理だが年明け一番に出す」と約束した。

岩橋検事による聴取は、12月27日まで続いた。年の明けた1月5日、山崎は妻の国選弁護士の事務所を訪れ、保釈申請するように頼んだ。三度の保釈申請却下の時と何ら状況は変わっていない。渋る弁護士に対して、山崎は言った。

「自分は大きいヤマで警察に協力している。協力しなければできない事件なので自分がしゃべらなければ警察が困る。しゃべる代わりに自分は捕まっても起訴されないし女房は保釈されると、検事と約束ができている。申請さえしてくれればよい」

そのような約束などありえないと弁護士は訝しんだが、山崎の申し出に応じ、12時直前に保釈申請した。ところが、山崎の言った通り、その日のうちに保釈が許可され、彼の妻は釈放された。さらに保釈の検事の意見書には保釈相当かつ保釈金200万円と記載されているのである。弁護士にとって、保釈申請当日に保釈が許可になって釈放されるなどということは異例というより前代未聞と言うべきことであり、さらに保釈相当かつ保釈金額まで記載された検事の意見書など全くお目にかかったことはない。さらに、指摘すべきことは山崎の妻の保釈申請に対しては、それまで証拠隠滅の疑いがあったはずだが、何ら状況が変わっていないにもかかわらずその理由が消滅していたことである。しかも、逮捕が予定されている山崎自身が身柄引受人になっているのである。これら一連の山崎の妻の保釈申請の過程は、まさに警察・検察一体となった、山崎の供述を得るために、彼の妻の保釈について最大限の便宜を図るべしという完全な意思統一ができていたことを意味するものに他ならない。そして、山崎が述べる通り、捜査当局と山崎との間に取引が完成していた証左であると考えるべきだろう。

(更に、逮捕された山崎氏には検察による利益供与の疑惑があります。通常、4人の殺人事件に関わる被疑者逮捕であれば、接見禁止が付けられますが(注1)、山崎氏には接見禁止どころか、様々な利益供与がなされました。それを再現すると....)

山崎は1月8日に逮捕され、鴻巣署と地検熊谷支部を往復して、取調べを受けた。20日間の勾留期間中に、第一の殺人である川崎明男殺害事件の調書ができあがった。その後山崎は再逮捕されるが、その容疑を見て、山崎は驚愕する。第二の殺人である遠藤安亘に対する殺人容疑となっていたのだ。これでは刑務所行きは確実、弁護士の話ではよくても無期懲役だという。

約束が違う、と翌日、山崎は岩橋検事に噛みついた。岩橋検事は、熊谷支部で扱うはずだった事件だったが、興味を示した浦和地検が主導権を握ることになった、自分の力ではどうにもならない、と弁解する。

「それはそっちの都合だろう。俺には関係ない。暮れの約束はどうなった」
「あの約束はなかったことにしてくれないか」

岩橋検事の言葉に、「お前には何も話さん」と山崎は激怒する。「帰るぞ」と腰紐持ちの警官に言うと、「いいんですか」という警官に岩橋検事は頷いた。山崎は出際にドアを思いっきり蹴飛ばした。

鴻巣署に帰ると、山崎は担当刑事に詰め寄った。「4件の死体遺棄で執行猶予などつきようがない」、と担当刑事は岩橋検事の空約束をなじった。「殺人の容疑だけは自分の責任で消す」、と担当刑事は約束した。

翌日から、岩橋検事に呼ばれても、山崎は何もしゃべらなかった。「コーヒーにするか、紅茶にするか」、と岩橋検事はしきりに機嫌を取る。岩橋検事の取った幕の内弁当と、山崎に出された200円の官弁を交換しろと言うと、岩橋検事はその通りにした。それでも山崎の腹の虫は収まらない。しまいには、地検に行くことさえ拒否した。

その後、担当検事に頼み込まれて、山崎は久しぶりに地検に行ったときのことである。

「一体どうしたら協力してくれる?食事でも煙草でも何でも用意する。僕にできることなら、なんでもする」

頭を下げる岩橋検事に、山崎は法外な要求をする。

「女でも抱かせてくれるって言うのか?」

それなら自分の権限でできる、と岩橋検事は言う。呆れた山崎は、「女を用意するまで呼ぶな」と言い捨て、ドアを蹴飛ばしながら部屋を出た。

翌日の1月20日。山崎を呼び出した岩橋検事は、「済まなかった、反省している」と頭を下げた。そして驚くべきことを口にする。

「お前の妻を呼んだ。別室で待たせているんだ。だけど、30分だけにしてくれよ。これは絶対に内緒だよ」

事務官に案内されていくと、図書資料室に山崎の妻がいた。事務官が去ると、書棚の間で二人はセックスをした。一度ノックの音が聞こえたが、無視して続ける。二度目のノックで外に出ると、事務官が待っていた。(注2)

それでも山崎はしゃべる気になれなかった。担当刑事の書いたものを写して調書を作れ、と山崎は言い放った。呼ばれても岩橋検事のデスクに足を載せているだけだった。

4月1日。できあがった調書を、書記官が読み上げる。速すぎて、山崎には何を言っているのか分からなかったが山崎にはどうでもいいことだった。調書にサインをして拇印を押すと、やおら腹が立ってきた山崎は、調書を手に取り、ライターで火を付けようとする。慌てる岩橋検事に、「土下座しろ」と山崎が言うと、岩橋検事は床に額を押しつけた。

関根元と風間博子は、4月4日殺人罪で起訴された。ちなみにこの一件で、岩橋検事は東京地検特捜部に栄転した(注3)。

(注1)
「殺人・死体損壊・遺棄事件、それも4名もの犠牲者が出ている重大事件において、それが共犯事件であれば接見禁止が付せられるのが常識である。/とりわけ、本件の如く物証が少なく、一年余も経過し、さらに共謀関係、事件への関与の関係の捜査のために共犯者に接見禁止が付せられるのは、常識というよりも絶対に必要なことであると言わなければならない。/なぜなら、これらを解明するためには、共犯者各人と共犯者以外の関係者を取調べることにより、証拠物の発見や、犯行に関連する会話等がなされているか否かが判明し、右共犯者各自の関与についての客観的な証拠が収集されることになるからである。/このような場合、自由な接見が許されれば、これらの証拠の発見が不可能となるおそれがあるからである。/然るに、山崎には一切接見禁止は付せられなかった。まさにこれは捜査当局と山崎との間において取引と約束がなされていたことの証左であると共に約束の実現に他ならない。」『一審弁論要旨』より

(注2)
関根・風間死刑囚の控訴審第3回公判
弁護人 「資料室で会った時でも、執務室で会った時でも、どんな場面でもいいんですが、奥さんとはお話をしただけですか?」
山崎   「いや、違うよ」
弁護人 「どんなことをしましたか?」
山崎   「おまんこしたよ」
弁護人 「それは、セックスをしたということでしょか?」
山崎   「そうですよ」
弁護人 「岩橋検事はそれを知っていたのでしょうか?」
山崎   「知ってるでしょう。子供じゃあるまいし」

山崎氏は「セックス供与」は2回あったと証言しています。検察は大方の利益供与については事実を認めたものの、「セックス供与」に関しては、事実と異なると否認しています。

(注3)
浦和地検(現さいたま地検)熊谷支部 岩橋義明検事
2012年12月 最高検公判部長
2013年4月 辞職

iwahashi.jpg

ここをクリック→ 「最高検察庁 岩橋義明検事を列車運行妨害の疑いで事情聴取」

参考文献
『冤罪File』第20号「冤罪疑惑が黙殺され続けた「埼玉愛犬家連続殺人事件」共犯者が被告人の無罪を証言!」 片岡健

『冤罪File』第21号「埼玉愛犬家連続殺人事件 女性死刑囚の子供たちが、知られざる事件の内幕を明かす!「それでも母はやっていない」」 片岡健

『女性死刑囚』 深笛義也

『悪魔を憐れむ歌』 蓮見圭一

ブログ『横板に雨垂れ』
ここをクリック→ ブログ『横板に雨垂れ』

『大きな愛に包まれて 無実を訴える死刑確定囚 風間博子の声』
ここをクリック→ 『大きな愛に包まれて 無実を訴える死刑確定囚 風間博子の声』

11/5/2015














ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 埼玉愛犬家連続殺人事件

2015/11/05 Thu. 00:01 [edit]   TB: 0 | CM: 10

go page top

この記事に対するコメント

元検事岩橋義明

公正人の岩橋義明に遺産の遺言公正証書を不正に偽造され
困っています
何かよい方法はありませんか?
後妻業の女に全財産を残すと
子供の遺留分を侵害しています
遺言分割協議もないまま
遺言公正証書を作られてしまいました
警察に行くべきか?
東京法務局に直訴すべきかどちらですか?

ym #K6K43T0A | URL | 2016/10/31 Mon. 14:22 * edit *

少し詳しくわかってきました岩橋義明9065

元検事の岩橋義明はダウン症の母親たちの中で仕事をしているようです
油虫と蟻の関係なのか
頼りにされているそうです
それはダウン症の子供を持つ母親は手段を選ばない、
後妻にはいった私の義理の母もそれに当たるのですが
人の弱みにつけこみ甘い汁を吸いながら
悪徳岩橋義明は公証人として私腹を肥やして
罪の無い人、私みたいに底辺を歯をくいしばりながら
父親に捨てられ20年以上たち一度は絶望におとされた
私や弟、母まで再度傷つけてきます
母子家庭で辛かったです
何故繰り返されるのかわかりません
いつも傷つけられるのか
子供の時は非力でしたが私は
この負の連鎖を止めたいです

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 11:05 * edit *

何が目的なのかわからない 岩橋義明

私は遺産等ではなく、保険金殺人とかなにか違う犯罪計画のもと
事を進めているような気がします
何故なら遺言公正証書はたかが報酬20万円也
それを考えるとダウン症の母親たち
将来の為一切の無駄な出費を抑えたい

彼女らは
集団から外れたた草食動物
ハイエナとハゲ鷹のように、虎視眈々となにかを待っていて

まるで、死神のように司法書士と公証人が手を組んで近寄ってきているような恐怖を感じます

命まで狙われていたらどうしようかと不安です

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 11:32 * edit *

遺言公正証書被害者の会 知っていますか

遺言公正証書被害者の会は知っていますか

連絡取ろうとしても取れない

謎の被害者の会

もしかしたら身を潜めなきゃいけないのが被害者で
加害者が巷でおおでを降って生きていく

法律という縛りで弱者に強制的に貶められる
危険な法治国家、法律は人を傷つける
もろはの刃それを承知しているのなら

悪人 岩橋義明を放置してはいけない
危険過ぎる

正直者がバカを見る
其れだけでは済まされない

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 11:50 * edit *

愚痴ってみます、毒親の親子関係

20年以上もまえに親に捨てられ
母子家庭で貧乏な生活も耐えてきて
いろいろ有っても
バイトしながら大学にはいり
むちゃくちゃ働いて
社会に出て自由になれて

なのに、つい最近、音信不通だった父親が危篤だって言うから
不本意ながら病院まで見舞いに行って
病人に責めの言葉は残酷だとおもって
勇気づけてきたのに・・・

その数ヵ月のちに死んじゃったら
今度は、遺産問題で変な書類送られて
一体何なんだよ

親だったら子供を傷つけることは許されるの?

それとも又、いつもの貧乏くじですか?

繰り返しやってくる不公平はいったい何なの


私はもう過去の不穏な子供の頃のすさんだ気持ちに

もどりたくない

もう、遺産相続なんかでもめたくないよ

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 17:43 * edit *

人権擁護団体と岩橋義明 そして私の母親へ

人権擁護団体は各都道府県にあります

遺言執行人という偉そうな人から、偉そうな書類が送られてきて

法律なんか全くわからないし、自分を捨てた親が死んだらどうするかもわからない私

人権擁護団体に尋ねました
全部の県に尋ねました

それは、法務局のHPからみつけました
法律に詳しいところで助けてもらいたくて
でも、答えは様々でした、
法律で裁くのも人、
出た結果は様々です

ありがたい知恵や言葉もいただけましたが
残念な回答をされる県もありました


法律、それを使うのが人なら

きちんとした人に対応してもらいたい

ここで法務局の仕事がなにかを考えてほしい

岩橋義明は法務局の公証人役場の公証人

最高検事であった彼が更迭されて

天下りで公証人になってまだ人を傷つけていること
街の公証人という権限をつかって
悪事を働いていても誰も止められないこと

止めるためになんで私は頑張んなきゃいけないの?

止めなくていいのかなぁ?
頑張なくてもいいのかなぁ?

でも、負の連鎖は止めないといけないかなぁとも思うから

ここのblogは私のコメント残してくれます
ちっちゃい、ちっちゃい私の正義感
私はどうしたら頑張っていけるかな?
母親はよろこんでくれるかなぁ

blogにコメント残してくれてありがとうございます

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 18:17 * edit *

うちの母親と岩橋義明

会って来ちゃったらしいよ!

うちの母親やっぱり
バカだなぁ
そんなんだからあんな父親に騙されたんだよ

でも、バカは凄い‼
私もバカだけど、私の母親は私よりもっとバカだって証明されました‼

あの岩橋義明にあってきたんだってさ

敵を知らずに会いに行っちゃうー!?普通!!

まあ、感想は聞かないよ
バカだから参考なら無いもんね

普通はないようなことが起きると、
私は慎重に行動するようにしています

母親にはできるだけ普段は近づきません

普通じゃ無いことに慣れすぎて感覚が麻痺してるんだと思います
私の母親は
可哀想なバカな母親

ほんとに可哀想な私の母親

苦労ばかりしてさ

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 18:44 * edit *

お願いします

コメント勝手に増やしてすみません
理由があって増やしてます
私の母親は今回遺言公正証書を撤回したいらしいのです
私には弟がいます
母子家庭でその苦しさで
色々ありましたが、結果というか
弟は社会人、不適合者です
別に人に危害は与えません
統合失調というだけです

母親は七十才を過ぎて、まだ病気の弟を心配しています
きっと遺産だってないでしょう
でも、バカだから、絡まれて相手になっています
止めればいいのに

そんなわけで許してください

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/04 Fri. 19:39 * edit *

義理の母親とあったのは28年前、私は家を追い出された

義理の母親とはじめて会ったのは29年前
私が大学にはいったばかりの時

すごく不味い切り干し大根のお総菜を手土産で持ってきた
その当時は父親と私は二人住まいで
私は大学に通い出したばかりだった。

大学に通うのには母親との住まいは遠かったからで
お金もないから父親と同居することにした
奨学金は借りていた、バイト代だけでは大学の授業料や下宿代は足りなかった

母親と弟は家を出ていた。正確に話せば
私も14才の時に弟たちと一緒に家を出た
DV モラハラの父親、仕事はすぐ辞めてしまう
無職の時もあった
私が13才の時に母親は私達子供二人をおいて家から離れたところに一人暮らしをした
別居というやつだ
母親は働いていた。でも私たち二人の子供をつれて生活できる力はなかった

私はその頃の夢にまだうなされることがある
母親に出ていかれて、私は身体中に蕁麻疹が出て中学校に通えなくなった
弟はまだ小学生だった
私は仕事に忙しい母親はの代わりに家事ができるようになっていた
それで母親は家を出る準備として子供を置いて別居した
別居後も父親は母親の家にやって来ては
ストーカーのようなさわぎをおこした。警察をよんだことだってあった

学校の担任先生や友達が心配して
玄関の向こうにきてくれたことを断片的に思い出す

恥ずかしかったから、誰が来ても外にでなかったことは覚えてる
当時はソフトボール部だった
学校も楽しかった

もっと楽しい学校生活を味わいたかった

家族で揃って笑った団欒なんか味わったことの記憶はない
色々あった両親
子供の私はなにも抵抗できなかった
非力なものだった

その後、私は中学2年生で転校して
母親と一緒に父親とは離れた場所に団地に住むことになった

大学は必死で勉強して推薦入学で受かった
受験料が惜しかったからだ

それで晴れて大学生、でもやはりお金もないから
DVの父親とまた同居を始めることになった

必死だった私

そんなとき新しく義理の母親となるKがやって来た
Kは手段を選ばなかった
あらゆるてをつかった

家の鍵を壊して、私の荷物を家から運びだし、電話もはずしてしまった

私一人を残してしばらく父親と姿を見せなかった
二人でよろしく旅行かなにかでしょうか

私は泣く泣く母親のもとに帰り
荷物類を親戚のもとに取りに行ったのだ

そうしてまた私は追い出され
大学生活もまた苦しいものとなった

子供は非力なのだ


私を追い出した

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/05 Sat. 01:44 * edit *

人権擁護団体に相談

公証人、公正証書、遺言・・・・・・・・、これらは、多くの人にとって縁遠いものです。もし関わったとしても、一生で親の死の時と自分の時くらいです
●実際にいろんな被害が出ています。遺言公正証書の被害の会があります
私の父親が亡くなった病院は医療法人財団 三鷹病院です
公証人や司法書士はターゲット探しに、病院にまで出入りしていました
ダウン症の母親たちの間でも有名な人物です。弱味につけこむ卑怯な手口を使うの人達です
この度、私の父が亡くなると、子供の遺留分も認めない遺言公正証書が送られてきました。不当なものと思いました、しかし公証人は下記の者
●浦和地検(現さいたま地検)熊谷支部 岩橋義明検事
2012年12月 最高検公判部長 更迭され2013年4月 辞職
※理由は埼玉愛犬家連続殺人事件で不正を行った結果です
しかし現在、吉祥寺の公証人役場の公証人として岩橋義明は
仕事を続けています
なぜ不正をした者、犯罪人が、よりにもよって法律の権限を持っているのですか?
もし私が弁護士に依頼し、遺留分侵害を訴えても、遺留分も減殺請求書を出して家庭裁判所で戦っても
敗けは見えてます
法を司る裁判官、検察官の天下り先である公証人が不正をおこなっても、いずれは公証人に天下るであろう裁判官が審理を尽くさず不公正な判決を行う実態にやりきれなさを感じざるを得ません

人権擁護団体にこたえてもらうためメールをおくりました

ym #K6K43T0A | URL | 2016/11/06 Sun. 08:50 * edit *

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/932-b57f452d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top