「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (527)「「前科者差別が再犯率を上げている」 by 堀江貴文氏」 1/14/2016 

#検察なう (527)「「前科者差別が再犯率を上げている」 by 堀江貴文氏」 1/14/2016

先日のHORIEMON.COMの記事のタイトルは「私が前科者差別と徹底的に闘う理由」。前科者に対する社会の目の厳しさが再犯率上昇につながっており、彼らに対する寛容さがより良い社会を実現すると主張しています。

ここをクリック→ HORIEMON.COM「私が前科者差別と徹底的に闘う理由」

前科とは、広義には、有罪判決を受けた事実を指します。検察庁の作成・管理している前科調書には、実刑及び執行猶予付き判決だけではなく、罰金刑も記録されているため、それら軽微な罪も広義の前科になります。

例えば、車のスピード違反の場合、一般道で30km/h、高速道路で40km/h以上の速度超過で、「6か月以下の懲役または10万円以下の罰金」の道路交通法違反となり、罰金刑で終わったとしても前科となります。

前科が付くと、法律上・行政上の権利・資格制限など、様々な不利益を受けることになります。

こうしたオフィシャルな「差別」以外に、人の認識もあります。一般に「前科者」のイメージは、懲役刑・禁固刑の執行を受けて出所した者を指すものと思われます。それらの人を、いかに罪を償ったとしても「悪い人」と烙印を押して見下すという差別は、世の中に厳然として存在しているものです。

その是非を考えるにはまず、罰はなぜ科されるのかという「罰の存在意義」を考えることが一助になると感じます。

「罪を犯した者は罰せられるべきだ」

それを、疑問をはさむ余地のない命題と受け取る人もいると思います。そうした人に「なぜ」と問うても、「自然の摂理だから」くらいのリアクションしか返ってこないかもしれません。

私は、利己的に捉えて、自分にとって何がベネフィットであるかを考えると多くの場合、すっきりと答えが導き出せるように感じます。

「犯罪者をどう対処することが自分にとってベネフィシャルか」と考えるということです。

私は、人権活動家でもなければ、それほど慈愛の心が大きいわけでもないので、極論すれば、犯罪者がどうなろうとも自分には関係がないと考えますし、また被害者や被害者家族をかわいそうだとは思っても、だからといって積極的に救いの手を差し伸べようとも思いません。

犯罪に対しては、やはり、自分や自分の家族、愛する人が、同種の犯罪の犠牲者、被害者にならないことを望むものです。

もし、犯罪者を罰することがその抑止になるのであれば、(また冤罪の可能性がもしゼロであれば、そしてそれは自分の経験上、大きな「if」ではあるのですが)、厳罰化はやむなしと考えると思います。

しかし、死刑囚を除けば、彼らは必ず社会に帰還します。もし彼らを罰することで、彼らが再犯する可能性が高くなる、即ち罰することがむしろ犯罪を生み出すとしたらどうでしょうか。

ある類型の犯罪、ある類型の犯罪者にはそうした傾向が認められ、彼らを収監するよりは、より実効的に犯罪の抑止となる方策があるのではないか、というのが堀江氏の主張だと私は理解します。

前科者を差別することで、彼らを生きにくくするということが、自分に対してベネフィットがあるのかどうか。是非皆さんも考えて下さい。

先日、堀江氏の講演に参加した模様がこちらです。

ここをクリック→ #検察なう (520) 「堀江貴文氏講演~ホリエモンがモノ申す~「これでいいのか刑事司法」」

1/14/2016











ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 刑事事件一般

2016/01/14 Thu. 11:19 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/958-8af3bd4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top