「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (539) 「桑田氏自身による経緯説明~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」(5)」 5/24/2016  

#検察なう (539) 「桑田氏自身による経緯説明~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」(5)」 5/24/2016

これまで4回に亘り、冤罪現在進行形の「国循サザン事件」について論じてきました。

ここをクリック→ #検察なう (535) 「特捜に正義はあるのか~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」(1)」

ここをクリック→ #検察なう (536) 「初公判傍聴記 巨悪を眠らせる特捜~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」(2)」

ここをクリック→ #検察なう (537) 「報道に見る特捜の思惑(弁論の併合)~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」 (3)」

ここをクリック→ #検察なう (538) 「訴因変更に見る特捜の弱気~国循官製談合事件、いわゆる「国循サザン事件」(4)」

ここで、刑事被告人という立場に置かれた冤罪被害者の桑田さん自身による経緯説明を紹介させて頂きます。やはり当事者の声を聞くことで見えてくるものもあるはずです。

「おわりに」と書かれた文から抜粋します。

「最後に申し上げたいことがあります。

私が国循に着任してから,国循の情報システムは,電子カルテも含めて大きく進歩しました。職員の方々からも,数多くの感謝の言葉をいただいてきました。ただ単に,情報システムの質が向上しただけでなく,企業に価格競争をさせることで,国循では,以前よりはるかに安価な金額で情報システムが調達できるようになりました。

これまで,国循は十数年にわたり,ほぼすべての情報システム関連委託業務をNECが受注してきました。情報システム機器も,ほぼすべてがNECから購入されているものでした。たとえば,入札1の保守対象機器やソフトウェアは,そのすべてが過去にNECから購入したものであったうえ,実際には使われていない不要な機器や,NECからしか購入できないようなものまで含まれていました。さらに,国循のサーバ室は,NEC製の不要な機器であふれかえり,ネットワークも整理されず,セキュリティ対策も不十分なまま放置されていた状態でした。

これは,当時のNECに実力がなかった,といえばそれまでですが,別の見方をすれば,NECはこのような「天国」にあぐらをかき,漫然と高額な受注を繰り返していたともいえます。いわば,国循はNECの「カモ」にされていたのです。

このような状況は,まさに国のいう「一者応札」の弊害そのものです。国循の情報システムは,私の着任によって,「NEC地獄」から抜けだし,大変貌を遂げました。しかし,今回の私の逮捕・起訴によって,国循は,また振り出し,あるいはマイナス状態に戻ってしまいました。また,かつてのように税金の無駄遣いが始まっていることでしょう。」

この事件が、桑田さん個人の問題だけではなく、納税者である我々国民全ての問題であると私が感じているポイントです。そして郵便不正事件を初めとする一連の不祥事で、その傲慢なやり方が白日の下にさらされ、猛省すべき検察、しかも一連の不祥事の発端である大阪特捜自身が全く反省がないということを我々は十分に理解する必要があります。

そして桑田さんは、以下のように結んでいます。

「この裁判での戦いを通じて,より多くの方々と知り合いになり,また,既知の方々とはより深く知り合い,それらがこれからの私の新しい人生を踏み出していくための端緒となることを希望しています。

今後ともご支援のほど,よろしくお願い申し上げます。」

経験した者でなければ分からない心からの叫びを私は受け止め、引き続き支援したいと思っています。

是非、以下のリンクから全文をお読み下さい。

ここをクリック→ 経緯説明 公判後公開版

次回公判は、来週水曜6/1に予定されています。ご注目下さい。

ここをクリック→ 桑田成規氏ブログ「誰か知る松柏後凋の心」

ここをクリック→ 支援者のフェイスブック・グループ「国循サザン事件ー0.1%の真実ー」

ここをクリック→ Wikipedia 「国循官製談合事件」

5/24/2016














ここをクリック→ Amazon 『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』 カスタマーレビュー

表紙1


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 国循サザン事件

2016/05/24 Tue. 15:44 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/tb.php/992-45ed61ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top