FC2ブログ

「蟷螂の斧となろうとも」 by 元外資系証券マン

クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件(http://goo.gl/v0xQYP)において、国税局査察部告発、検察特捜部起訴の事案で史上初の無罪判決。 著書『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社)。 ツイッター(@thatta0529)で「#検察なう」の情報発信を続けます。

09« 2019 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

#検察なう (270) 「陳情書のお願い」 3/4/2013 

#検察なう (270) 「陳情書のお願い」 3/4/2013

(強制捜査から1539日、無罪判決から3日)

私の事件は、参加型イベントです。そして、また皆さまのお力を拝借することになりました。

嘆願書、上申書に続く「陳情書」のお願いです。

真実を見極める意欲及び能力のある裁判体に巡り合い、皆さまのお力添えもあり、先日の無罪判決となりました。

しかし、これは依然確定判決ではなく、検察上訴の可能性が残されています。

裁判長の魂を揺さぶるあの説諭を真摯に受け止める誠実さが検察にあるのであれば、よもや控訴という暴挙はありえないとは思いますが、これまでの幾度とないターニングポイントで、自らの過ちを正す機会を全てなぎ倒してきた検察のことですから、油断はできません。

私個人は、「控訴も何するものぞ」という気概であり、延長戦でも腕の折れるまで投げる所存です。弁護団も、裁判官の被告人補充尋問の段階で一審無罪判決を確信したため、弁論での主張は85%に留め、15%は控訴審を見据えた新たな主張として温存しています(実のところ、70%を目指したのですが、やはり書き出すと気合が乗って85%の仕上がりになったようです)。

しかし、検察にも引く勇気を示す最後のチャンスを生かして欲しいという気持ちもあり、また何よりも、あの佐藤裁判長の説諭を踏みにじることは日本の司法に対する極めて忌々しい冒涜だという危機感から、検察上訴を避けるべく皆さまのご尽力をお願いするものです。

宛て先は、「東京地方検察庁御中」、タイトルは「陳情書」です。

文面は自由作文です。名前と住所を明記して下さい(日本人、日本在住である必要はありませんが、文面は日本語でお願いします)。署名と差別化すべく、少なくとも一文を添えて下さい。長くなる分にはどれだけでも構いません。検察へのあなたの思いを是非この機会にぶつけて下さい。いかにあの無罪判決の後の控訴が市民感情とずれているかを検察に分からせて下さい。

私のことを直接知っている必要はありません。但し、私とのご関係を(「ブログを読んで事件を知った」等)お書き添え下さい。

もし私の公判を傍聴された方は、是非その印象を書いて下さい。非常に貴重な情報です。

嘆願書は、事後に本人の承認を得てブログ掲載しました。上申書は、検察不同意を前提に、最初からブログ掲載を前提で書いてもらいました。今回の陳情書は名前を公開してのブログ掲載はありません。但し、本文のみの一部引用でのブログ掲載はあることをご了承下さい。

それを

sienhatta@gmail.com

宛てまでご送付下さい(ヘボン式の「shi」ではなく、日本式の「si」です。ご注意下さい。)

メール本文ベタ打ちでも、ワードファイル等添付のどちらでも構いません。

また郵送の場合には、

〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-2-2
日比谷ダイビル6階
潮見坂綜合法律事務所
弁護士 小松正和


までご郵送下さい。

締め切りは一週間、来週3/11の月曜、日本時間の正午までにお願いします(郵送の場合は午前中必着)。

資料1 弁護人上申書 (3/1/2013 検察に提出)
陳情書の弁護士バージョンとお考え下さい。

ここをクリック→ 弁護人上申書

資料2 江川紹子氏ブログ 「初心を忘れず、初心に返ろう~この無罪判決が意味するもの」
是非、味読下さい。佐藤裁判長の説諭に関して言及しています。

ここをクリック→ 江川紹子氏ブログ 「初心を忘れず、初心に返ろう~この無罪判決が意味するもの」

資料3 #検察なう (267) 「刑事司法改革のためにすべきこと」
検察上訴について一石投じます。

ここをクリック→ #検察なう (267) 「刑事司法改革のためにすべきこと」

資料4 「検察の理念」
郵便不正事件後、検察の在り方検討会議を経て、彼らが標榜するものです。彼らの行動が、この理念に照らして正しいものか、是非検証下さい。

ここをクリック→ 「検察の理念」

本来、個別に頭を下げてお願いしなければいけないところですが、私はSNSは世界を変えると思っています。その力を信じて、ブログに掲載し、ツイッター、フェイスブックで拡散しお願いするものです。是非とも、皆で力を合わせ、日本の刑事司法に正義を実現しようではありませんか。ご尽力お願いします。

3/4/2013











法廷画が冊子化されました。正(第2回公判~第7回公判、400円)、続(第8回公判~第11回公判無罪判決、500円)の2冊です。代金(実費)は、無償で法廷画を描いてくれた漫画家にカンパされます。ご希望の方は「#検察なう フェイスブック・コミュニティ」のメッセージでご連絡下さい(送料9冊まで80円、10冊以上160円)。

#検察なう


ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 被告人最終陳述

ここをクリック→ 八田隆ツイッタ―

ここをクリック→ #検察なう フェイスブック・コミュニティ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします。

category: 支援者の方へ、支援者の方から

2013/03/04 Mon. 07:07 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

#検察なう (243) 「新年明けましておめでとうございます」 1/1/2013 

#検察なう (243) 「新年明けましておめでとうございます」 1/1/2013

(強制捜査から1477日)

強制家宅捜査から5回目の新年を迎えました。

これまでの経緯から、国税局・検察には残念ながら正義はないことが明らかとなりました。3月1日の判決で、人権最後の砦として裁判所が機能するのかどうかが問われます。

これまでの応援に心から感謝申し上げます。

まだまだ先は見えていませんが、引き続きご支援の程、よろしくお願いします。


603277_318676991570503_432625487_n.jpg

1/1/2013












ここをクリック→ Wikipedia クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件

ここをクリック→ 「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会ダイジェスト版」(動画)


ここをクリック→ 経緯説明 「真実は一つである」

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事


ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事 Part2

ここをクリック→ 過去のお勧めブログ記事 Part 3

ここをクリック→ 嘆願書まとめ

ここをクリック→ 上申書まとめ






TwitterやFacebookでの拡散お願いします
↓ 

category: 支援者の方へ、支援者の方から

2013/01/01 Tue. 22:33 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (198) 「上申書まとめ」 10/11/2012 

#検察なう (198) 「上申書まとめ」 10/11/2012

(強制捜査から1395日)

上申書は、私の知人・友人に「もしあなたが裁判員であったら」という観点で意見を書いてもらったものです。

私がこうした趣旨の上申書を集めたことに関し、「裁判は法の手続きに従う法廷に限定されるべきであり、事実認定に関して一般人が意見を述べること自体、裁判の権威を貶めるものだ」との批判を頂きました。

私はこれに対し、家永三郎東京教育大学教授が昭和30年に「法律時報」305号誌上で論じた「素人は黙すべきか」を引用して、反論させて頂きます。

家永教授は、法律についての専門的知識の尊重と、一般国民が法律問題について積極的に発言することとは別問題であるとしました。さらに、裁判における判断の正否は専門家か、素人かではなく、客観的な真理に合致するか否かによるものだとも指摘しています。彼の論評は、権威主義が公共的関心を抑圧することは、国家機関の専制への隷属を強要するものだという批判精神に溢れています。

家永教授の論評の時代背景は、昭和24年に起こった松川事件で、被告人20人が一審で死刑5人を含み全員有罪、二審でも死刑4人を含む17人が有罪とされた判決を批判したジャーナリストに対する法曹界からの非難を受けてのものです。松川事件は、下山事件、三鷹事件に続くレッドパージ吹き荒れる中での労働争議抑圧の冤罪事件で、最終的には20人全てが無罪となりますが、無罪確定は事件から14年が経過した後でした。

私が上申書を依頼した際には、「有罪・無罪、思った通りに書いて欲しい」と客観的観点を求めたものです。しかし、その少なからずに、捜査権力が冤罪を作ってでも自分たちの論理を押し通そうとしていることへの批判が伺えます。

1ヶ月という短期間にも関わらず60通の上申書が集まりました。

彼らが裁判官に届けたいとする声は、検察不同意により阻まれることとなりました。彼らの正義を希求する声を無駄にしないためにも、一部を本人了承の上、私のブログ上で実名公開したものです。

直接届かなかった声も、確実に私の背中を押していますので、公判を通して裁判官に届くものです。ありがとうございました。

上申書 (1/60) 倉田風河 (息子)
ここをクリック→ 倉田風河 上申書

上申書 (2/60) 杉山佳津江 (友人)
ここをクリック→ 杉山佳津江 上申書

上申書 (3/60) 梶修明 (従兄)
ここをクリック→ 梶修明 上申書

上申書 (4/60) 出島元 (同級生)
ここをクリック→ 出島元 上申書

上申書 (5/60) 福田恵美 (同級生)
ここをクリック→ 福田恵美 上申書

上申書 (6/60) 石川隆道 (友人)
ここをクリック→ 石川隆道 上申書

上申書 (7/60) 岸本理和 (同級生)
ここをクリック→ 岸本理和 上申書

上申書 (8/60) 小島剛 (会社同僚)
ここをクリック→ 小島剛 上申書

上申書 (9/60) 安原淳 (高校後輩)
ここをクリック→ 安原淳 上申書

上申書 (10/60) 北川美音 (友人)
ここをクリック→ 北川美音 上申書

上申書 (11/60) 塩谷和彦 (会社先輩)
ここをクリック→ 塩谷和彦 上申書

上申書 (12/60) 伏田啓子 (同級生)
ここをクリック→ 伏田啓子 上申書

上申書 (13/60) 寺西常雄 (同級生)
ここをクリック→ 寺西常雄 上申書

上申書 (14/60) 鈴木均 (友人)
ここをクリック→ 鈴木均 上申書

上申書 (15/60) 原力雄 (同級生)
ここをクリック→ 原力雄 上申書

上申書 (16/60) 氏川真理 (友人)
ここをクリック→ 氏川真理 上申書

上申書 (17/60) 小竹明夫 (同級生)
ここをクリック→ 小竹明夫 上申書

上申書 (18/60) 上原陽一 (友人)
ここをクリック→ 上原陽一 上申書

上申書 (19/60) 和気香子 (大学後輩)
ここをクリック→ 和気香子 上申書

上申書 (20/60) ジョワ由紀 (友人)
ここをクリック→ ジョワ由紀 上申書

上申書 (21/60) 寺村栄里香 (同級生)
ここをクリック→ 寺村栄里香 上申書

上申書 (22/60) モレン淑子 (友人)
ここをクリック→ モレン淑子 上申書

上申書 (23/60) 福留浩太郎 (会社同僚)
ここをクリック→ 福留浩太郎 上申書

上申書 (24/60) 池田禎尚 (同級生)
ここをクリック→ 池田禎尚 上申書

上申書 (25/60) 深水和子 (友人)
ここをクリック→ 深水和子 上申書

上申書 (26/60) 永末康子 (友人)
ここをクリック→ 永末康子 上申書

上申書 (27/60) 藤井理子 (会社後輩)
ここをクリック→ 藤井理子 上申書

10/11/2012







ここをクリック→「20分で分かる『クレディ・スイス証券集団申告漏れ事件』~日本の司法を正す会動画ダイジェスト版」

ここをクリック→ 嘆願書まとめ





TwitterやFacebookでの拡散お願いします
↓ 

category: 支援者の方へ、支援者の方から

2012/10/11 Thu. 04:31 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

#検察なう (130) 「嘆願書まとめ」 5/11/2012 

#検察なう (130) 「嘆願書まとめ」 5/11/2012

犯罪の契機は、結局「動機」と「人品」に関わると思っています。

動機に関して、経済的な理由のみが動機足りえないという主張は繰り返ししてきました。

その人品に関しては、私本人が主張するより、第三者が語る方が説得力があるだろうと、私の友人・知人に「あなたの知っている八田隆を文章にして下さい」と依頼しました。

その文章は「嘆願書」と呼んでいますが、依願する際、「何も嘆願する必要はなく、私を弁護することもいらない。ましてや事件の内容を詳しく知る必要もない」と説明しました。少なからずの人が、私が直接頼んでいないにも関わらず、自主的に書いてくれたのもうれしかったです。

そして集まったのが146通の嘆願書です。検察特捜部に提出したものですが、その一部を本人の了承を得て、ブログで実名公開しました。

嘆願書 (1/146) 倉田風河 (愚息)
ここをクリック→倉田風河 嘆願書


嘆願書 (2/146) 八田彰 (父)
ここをクリック→八田彰 嘆願書

嘆願書 (3/146) 八田順子 (母)
ここをクリック→八田順子 嘆願書

嘆願書 (4/146) 八田実 (弟)
ここをクリック→八田実 嘆願書

嘆願書 (5/146) 増野谷直子 (妹)
ここをクリック→増野谷直子 嘆願書

嘆願書 (6/146) 増野谷裕成 (義弟)
ここをクリック→増野谷裕成 嘆願書

嘆願書 (7/146) 井上将 (叔父)
ここをクリック→井上将 嘆願書

嘆願書 (8/146) 亀田冨子 (高校恩師)
ここをクリック→亀田冨子 嘆願書

嘆願書 (9/146) 五十嵐雅祥 (会社後輩)
ここをクリック→五十嵐雅祥 嘆願書

嘆願書 (10/146) 上原陽一 (友人)
ここをクリック→上原陽一 嘆願書

嘆願書 (11/146) 小島剛 (会社後輩)
ここをクリック→小島剛 嘆願書

嘆願書 (12/146) 安原淳 (高校後輩)
ここをクリック→安原淳 嘆願書

嘆願書 (13/146) 田中雪絵 (会社同僚)
ここをクリック→田中雪絵 嘆願書

嘆願書 (14/146) 石川隆道 (友人)
ここをクリック→石川隆道 嘆願書

嘆願書 (15/146) 和気香子 (大学後輩)
ここをクリック→和気香子 嘆願書

嘆願書 (16/146) 浜田昌彦 (会社同僚、友人)
ここをクリック→浜田昌彦 嘆願書

嘆願書 (17/146) 吉村佳美 (高校同級生)
ここをクリック→吉村佳美 嘆願書

嘆願書 (18/146) 池田禎尚 (高校同級生)
ここをクリック→池田禎尚 嘆願書

嘆願書 (19/146) 神野悦子 (友人)
ここをクリック→神野悦子 嘆願書

嘆願書 (20/146) 出島元 (中学同級生)
ここをクリック→出島元 嘆願書

嘆願書 (21/146) 中野和美 (会社後輩)
ここをクリック→中野和美 嘆願書

嘆願書 (22/146) 宮田正志 (会社部下)
ここをクリック→宮田正志 嘆願書

嘆願書 (23/146) 岩村もと子 (友人)
ここをクリック→岩村もと子 嘆願書

嘆願書 (24/146) 高島由利 (高校後輩)
ここをクリック→高島由利 嘆願書

嘆願書 (25/146) 金山順子 (知人)
ここをクリック→金山順子 嘆願書

嘆願書 (26/146) 永井恵子 (小学校同級生)
ここをクリック→永井恵子 嘆願書

嘆願書 (27/146) 長裕陽 (会社部下)
ここをクリック→長裕陽 嘆願書

嘆願書 (28/146) 樫山慶子 (友人)
ここをクリック→樫山慶子 嘆願書

嘆願書 (29/146) ジョワ由紀 (友人)
ここをクリック→ジョワ由紀 嘆願書

嘆願書 (30/146) 倉永良通 (会社同僚)
ここをクリック→倉永良通 嘆願書

嘆願書 (31/146) 氏川真理 (友人)
ここをクリック→氏川真理 嘆願書

嘆願書 (32/146) 松本直久 (会社同僚)
ここをクリック→松本直久 嘆願書

嘆願書 (33/146) 米村望 (友人)
ここをクリック→米村望 嘆願書

146人の勇気ある行動に感謝しています。彼らの正義を希求する声が、不正な行為をよしとする捜査権力に真摯に受け止められんことを切に望みます。

5/11/2012









ぽちぽちっと、クリックお願いします



category: 支援者の方へ、支援者の方から

2012/05/10 Thu. 14:32 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

#検察なう (125) 「天拝山登頂記」 4/26/2012 

#検察なう (125) 「天拝山登頂記」 4/26/2012

今日、福岡入りしました。#検察なう (115) 「氷山の一角」で紹介した事件の判決が明日あり、その傍聴のためですが、もう一つの目的は天拝山に登ることでした。

ここをクリック→#検察なう (115)

天拝山は、福岡地裁がある福岡市内から電車とバスを乗り継いで1時間ほどのところにある、標高258Mの山です。登頂と言っても、山というよりは小高い丘といった感じです。

その名は、大宰府に流刑された菅原道真が自らの無実を訴えるべく幾度も登頂し天を拝したという伝記に由来しています。その菅原道真にならって、福岡を訪れる機会があれば、登ってみたいと思っていたものです。

ふもとに立つ道真を歌った歌碑です。
「清らけき 身をば証さむ菅公の 祈りはるけし 天拝の山」

歌碑

登山口です。犬を散歩させるのどかな雰囲気。

登山口

緑の中のつつじがきれいでした。

つつじ

散歩気分だったのですが、都会派の私には結構しんどいっす。「いつも登ってます」雰囲気のおじいさん、おばあさんがすいすい追い抜いて行きます。

なんと九合目から最後のホームストレッチは350段を超える階段でした。こんな感じ。

階段(1)

階段 (2)

はい、頑張ります。

階段 (3)

え~~。

途中には歌碑がいくつか立っています。

歌碑2

「いつまでか 花の契りの深からし 去年(こそ)を今年に 思ひ合せん」
と鑑賞しつつ一休み。

階段 (5)

まだまだ続きます。

階段 (4)

階段 (6)

おっしゃあ、あと一息やー。

階段 終

やったあ、着きました。

天拝山説明。

天拝山

山頂神社。

山頂神社

ともだちを大切に。

山頂看板

山頂から望む街並み。

街並み

ここから菅原道真は天を仰いで雪冤を誓ったんだなあ。時間を超えてその気持ちに思いを馳せてみました。

そして明日の判決に正義あらんことを。また報告します。

いつもご支援ありがとうございます。



ぽちぽちっと、クリックお願いします





category: 支援者の方へ、支援者の方から

2012/04/26 Thu. 08:04 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top